焦りは禁物

賃貸物件と違い、購入するとなれ物件の住みやすさや質などの見極めが重要となります。理想のマイホームと出会うためにも、不動産会社の力が必要です。まずはおすすめ会社をみていきましょう。

信頼できる不動産会社の特徴

  • 数十年近く続く地域密着型
  • 各地位に数多くの物件を保有
  • 担当者の対応が素晴らしい
  • 物件情報の量が多い

物件購入は複雑

家を買うというのは、スーパーでお金を支払い、品物を受け取るという簡単なものではありません。物件購入の場合、段階を一つずつ踏みながら手続きを行ないます。その流れを下記で紹介するので物件購入の参考にしましょう。

不動産物件が手に入るまでの流れ

住宅模型

購入の申し込みをする

購入に関する交渉は早い者勝ちなので、物件の購入を決めた時点で購入申請書を提出しましょう。内覧をしてから3日以内に行なうのが理想です。また値引き交渉をするなら、申し込みの段階でしておくことが大切です。

ローンの審査をする

土地を購入する時、多くの場合がローンの審査をします。この場合、年収や借金の有無、健康状態のチェックを念入りにします。本審査をしてから結果が出るまでおよそ一週間から1ヶ月はかかります。また、もしものことを考えて、団体信用生命保険への加入も勧められるでしょう。

決済をして引渡し

ローンの本審査通過後、次は金融機関とローン契約をします。借り入れ額やその他条件を決めて、書類に記入します。住民票、本人確認書類、売買契約書の提出をすれば契約完了です。そこから、約2.3日で融資が受けられます。ただ、事情により少し遅れる場合もあるでしょう。

良い不動産会社で良い物件を見つけるためのコツ

つみき

物件選びで注意したいこと

不動産購入は、人生で最も高いお金になるので、物件選びの際は注意点を頭に入れておく必要があります。中でも重要なのは住みやすさなので、アクセス、保育園・幼稚園・小学校、買い物のしやすさ、病院の有無、治安の良さなどを考慮して物件探しをする必要があります。

インテリア

下見をする

いい物件がいくつか見つかった場合は、実際に物件をチェックすることも肝心です。というのも、画像と現物では印象がだいぶ違うので、自分の目で確認しないと物件選びに失敗する可能性があるからです。そのため、不動産物件を見つけた際は必ず下見や内覧をする必要があるでしょう。

男性と女性

購入時にかかる費用をチェックしよう

不動産購入時に必要となるのが頭金、ローン、諸経費です。頭金や諸経費に関しては、ローンのように月々支払うというのができません。よって、一時的に大きな資金が動くことになります。仮に自己資金が少ない時は、頭金を少し減らしてからローン申請をしても大丈夫です。まずは不動産購入の前に住宅ローンを知る人からアドバイスをもらいましょう。

任意売却の相談を無料で対応!